転職の動機に関係なく円満退職に努めるべきです

転職するために、勤務している会社を辞める場合は、その理由として何を伝えるのかということはしっかりと考えなければいけないことになります。
例えば、人間関係や給与などの条件面に不満を持っていたことが転職を決意する動機となっている場合でも、それらを退職する理由として選ぶべきではありません。
どうせ辞める会社だから、この際に言いたいことは全て言ってスッキリした気持ちで退職をしたいなどと考えるべきではありません。
退職をする会社だからこそ、円満に辞めることが出来る理由を選んで伝えるべきです。
これからも仕事をするのであれば、言いたいことを言うということがプラスに繋がる場合もありますが、辞める以上はそういった効果を期待することもできません。
社会人として幼いという評価を受ける行為になりますし、退職時に恨み言を言ったとしても決してスッキリするということはありません。
後から振り返って後悔をするということも十分に考えられます。